Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest

ウォータージェット加工に関する6つの神話と誤解

Waterjet Cutting Myths

ウォータージェット加工は、その歴史が長いだけに、さまざまな誤解や噂があります。

近年、ウォータージェット切断技術は飛躍的な進歩を遂げましたが、まだまだ誤解されていることが多く、ウォータージェット切断の可能性を十分に生かしきれていないのが現状です。

そこで今回は、ウォータージェット加工にまつわる6つの誤解を解き明かします。

ウォータージェット加工にまつわる神話や誤解を正すことで、時間やお金、そして不必要な手間を省くことができます。

ウォータージェット加工に関する6つの神話と誤解

Waterjet Cutting Myths And Misconceptions

ここでは、ウォータージェット加工についてよく知られている6つの誤解と、その理由、真実を説明します。

ウォータージェット切断の神話は数多く存在し、その多くは信じられているようだ。ウォータージェットは多くの産業で利用されているが、こうした俗説や誤解のために導入が遅れている産業もある。

この記事で、ウォータージェット加工にまつわる混乱が少しでも解消されれば幸いです。

誤解1:ウォータージェット加工は高価な加工だ

ウォータージェット業界を初めて訪れるお客様によくある誤解が、「ウォータージェットは高価な加工技術だ」というものです。この思い込みは一見公平に見えますが、完全に正しいわけではありません。

ウォータージェット加工にかかる費用は高いですが、手が出せないほどではありません。主なコストは、研磨材、電気代、水代、消耗部品代です。

ここで一番コストがかかるのは研磨材です。お得な業者が見つかれば、コストは大幅に削減されます。また、ウォータージェットはリサイクル性に優れているため、さらに経費を削減することができます。

さらに、ウォータージェットによる切断では、仕上げ加工や熱影響部、廃棄物処理などが不要になります。また、環境にやさしく、汎用性が高いので、どんなビジネスにも適した投資といえます。

誤解2:ウォータージェット切断は大きな音が出る

ウォータージェット切断機は、以前はかなり大きな音を出すという評判があった。しかし、現代の技術とエンジニアリングにより、最新世代のウォータージェット機は、無音とまではいかないまでも、かなり静かになっている。

最新のウォータージェットカッティングシステムには、オペレーターが水槽の水位を上下させる機能が付いています。

騒音レベルは材料とミキシングチューブとの距離に依存するので、薄い水の層で材料を切断する場合、騒音レベルは95デシベルから75デシベルに減少します。安全な騒音レベルで作業場全体の作業性を大幅に向上させることができます。

神話3:ウォータージェット切断は航空宇宙産業に限られる

ウォータージェット切断加工は、航空宇宙産業や航空機産業で広く使われている。この技術によって、エンジニアは誤差のない、熱のない精密な切断を行うことができます。

しかし、この技術はこれらの産業だけに限定されるものではありません。その汎用性、操作性、正確性から、ほとんどすべての産業で使用することができ、世界で最も急速に成長している主要な工作機械プロセスの一つとなっている。

食品加工や自動車製造から発電や医療まで、ウォータージェット切断技術を使って生産工程を改善する産業はますます増えているのです。

誤解4:ウォータージェット切断は時間のかかる作業だ

ウォータージェット加工は水中で行われるため、加工に時間がかかると思っている人が多いようです。しかし、実際はそうではありません。

ウォータージェットカッターは、高速(1分間に約6インチ)で材料を素早く切断し、優れた品質で1回のパスでワークの切断を完了させることができます。また、ウォータージェットの切断速度は、水の噴射圧と速度を上げることで向上させることができます。

通常、材料を切断する速度は、その材料の硬さによって異なります。プラスチックのような柔らかい素材は早く切断できますが、アルミニウムやステンレスのような硬い素材はゆっくり切断する必要があります。

誤解5:ウォータージェット加工は単純な平面の加工にしか使えない

初期のウォータージェットマシンは、平らなシートをカットするために設計されました。しかし、よりパワフルなマシンが開発され、CADとの統合が進んだことで、ウォータージェット切断は、どんな種類のプロジェクトでも、どんな複雑さでも切断できるようになった。

今日のアブレイシブウォータージェット切断システムは、過去に使用されていたものよりも多機能で洗練されたものとなっています。従来の2次元加工よりも複雑な3次元形状や円筒形状の切断が可能です。また、5軸加工が可能な装置もあります。

ウォータージェットでは、曲線、直線、内孔、文字などを加工することができます。従来は手作業で行っていたこれらの加工を、ウォータージェットでは非常に高い精度とエッジ品質で、わずかな時間で完了させることができるのです。

誤解6:ウォータージェットは吸水性のある素材は扱えない

金属や合金を加工するとき、水分に強いことに気づくかもしれない。しかし、木材のような柔らかい素材では、逆に水分に弱いのです。

これが、ウォータージェット加工が木材に向かないと言われる大きな理由の一つですが、そんなことはありません。水流の速度と圧力が非常に強力なので、信じられないほどの速さで素材に浸透し、木材がそれを吸収する時間を与えません。

さらに、どんなプロのウォータージェットカッターでも、余分な水が切断する素材に触れることなく、作業を完了することができるはずです。一方、プラズマやレーザーは、その弾力性と伝導性から、木材を切断するのに苦労する。

まとめ

ウォータージェット加工に関する俗説が横行し、その多くは信じられているようです。この技術は多くの産業で利用されていますが、こうした神話や誤解のために導入が遅れている産業もあります。

この記事で、ウォータージェット加工にまつわる誤解を解き、あなたのビジネスにこの技術を取り入れていただけると幸いです。

ウォータージェット加工に関することなら、どんなことでもお気軽にSAME Waterjetにご相談ください。また、弊社のウェブサイトをご覧いただくか、お電話でもお問い合わせください。

コメントする

Talk with Waterjet Expert Now!

Send Your Inquiry to Us