Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest

ウォータージェットを購入する?ウォータージェットを買うなら知っておきたい5つのこと

Buying A Waterjet Here Are 5 Things You Need To Know

ウォータージェット切断機が、さまざまな産業で人気を集めているのは周知のとおりです。高速、高精度、多機能で、環境にやさしい。

ウォータージェットカッターを導入しようと考えている方は、さまざまな疑問を持っていることでしょう。どんなサイズを買えばいいのか?どんなオプションやアクセサリーがあるのか?コストはどれくらいかかるのか?どんな素材をカットできるのか?などなど。

そんな疑問にお答えするのが、この「ウォータージェット切断機購入ガイド」です。このガイドを読めば、ウォータージェット切断機の購入に踏み切る前に、必要な知識を得ることができます。

ウォータージェット切断機とは?

What is a Waterjet Cutting Machine?

ウォータージェットとは、高圧の水(または水と研磨剤の混合物)を噴射して材料を切断する機械です。つまり、あらゆる種類の材料の成形に利用できる加速侵食プロセスである。

水は小さなノズルから噴射され、非常に高い圧力(通常30,000~90,000 PSI)でノズルから出るまとまったジェットを形成する。この圧力は、高圧ポンプで生成され、切断対象物に水を噴射します。

このため、さまざまな業界の企業が、独自の用途に合わせてウォータージェットマシンに投資しています。食品加工、自動車製造、航空宇宙工学、石材加工など、ウォータージェットカッターでできることは本当に無限大です。

ウォータージェット・マシンを購入する前に知っておくべき5つのポイント

ウォータージェット・カッティング・マシンは汎用性が高く、人気のあるツールなので、現在、さまざまなウォータージェット・カッティング・マシンが市場に出回っているのは当然のことです。しかし、多くの選択肢の中から、適切なものを選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、ウォータージェットカッターを購入する際に覚えておきたい5つのことをご紹介します。

1.どのような材料を切断するのか?

ウォータージェットカッターはどんなものでもカットできますが、素材によっては特定のマシンでの使用に適しているものもあります。

例えば、鉄を切断する場合は、ガラスを切断する場合よりも、より強力で正確なウォータージェットが必要になります。

ゴムや発泡スチロールのような柔らかい素材は純粋な水流で切断できますが、硬い素材は水流に研磨剤を加えて切断します。

2.切断する部品の数は?

ウォータージェットは、大量生産だけでなく、小ロットやプロトタイプの部品にも最適な選択肢です。これは、高度な制御ソフトウェアにより、CAD図面から直接、切断経路を自動的にプログラムすることができるためです。

また、このソフトウェアにより、カット間のセットアップ時間も短縮されます。短納期や一品生産のパーツには、このソフトウェアが最適です。大量生産の部品には、ネスティング・ソフトウェアを使用することで、無駄を最小限に抑えることができます。

3.特殊な機能は必要ですか?

ウォータージェットマシンには、用途に応じた特殊な機能を搭載しているメーカーがあります。例えば、テーパー補正機構を搭載し、部品の形状に関係なく正確にカットすることができるマシンもあります。

また、硬い素材を扱う場合は、超高圧ポンプを使用することも可能です。さらに、より持続可能なプロセスのために、クローズドループの水リサイクルシステムを搭載しているマシンもあります。

切断面積と切断テーブルの大きさは?

ウォータージェット切断テーブルのサイズは、部品のサイズ、材料の種類、部品の精度、ワークショップのサイズなどのいくつかの要因によって決定されます。

予想されるすべての材料在庫サイズと将来の大きな部品に対応できる大きなテーブルを選ぶことをお勧めします。しかし、スペースがない場合は、より小さなテーブルが最善の策かもしれません。

5.ランニングコストは?

ウォータージェット・マシンの運用コストは、お客様の収益に影響を与えるため、把握しておくことが重要です。

カッティングヘッドの数、不良部品、ポンプ動力、給水コスト、研磨剤コストなど、すべてがマシンの運用コスト全体に貢献します。

SAMEウォータージェットの平均的なランニングコストは、1時間あたり約$13-$20です。

ウォータージェットが他の切断機より優れている5つの理由

5 Reasons Why Waterjet is Better To Other Cutting Machines

ウォータージェットカッターは、他のカッティングマシンと比べて何が優れていて、何が人気なのでしょうか?ここでは、ウォータジェットカッターが選ばれる5つの理由をご紹介します。

さまざまな素材をカット

ウォータージェットは、発泡スチロールのような柔らかい素材から、チタンのような硬い素材まで、どんな厚さのものでもカットすることができます。また、素材の物理的・化学的性質を変化させることなく切断することができます。

高速・高精度な切断

高圧水流は、約760m/sの噴射速度で正確に材料を切断します。切断の精度は+/-0.001インチで、長時間にわたって安定した切断が可能です。

環境にやさしいプロセス

ウォータージェット切断は、粉塵、煙、熱影響部(HAZ)がないため、多くの産業にとって魅力的なソリューションとなっています。

切断のたびに故障する確率が減るため、廃棄物の発生確率も減ります。さらに、特別な潤滑油や冷却油も必要ありません。これらの要因から、環境に優しいソリューションであると言えます。

まとめ

ウォータージェット切断機をどのように選ぶかは、慎重に決めたい大きな決断です。しかし、上記の要素さえ押さえておけば、あなたのニーズにぴったりの機種を見つけることができるでしょう。

もし、どのウォータージェット機を選べばよいかわからない場合は、お気軽にSAMEウォータージェットまでお問い合わせください。当社のエキスパートが、100以上のサイズと構成の中から適切なウォータージェット切断機を選ぶお手伝いをさせていただきます。

無料お見積もりはこちら

コメントする

Talk with Waterjet Expert Now!

Send Your Inquiry to Us